FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>で、チョレイと言わない張本は何か言ったんかな?

 攻めない選択肢で結果を出したというのはコンササポならわりと受け入れるのは容易だったと思う。ただ、西野ジャパンはセネガルが追いついたら全てがパーという条件もあったから全く同じシチュエーションと言うわけでもない。日本が攻めに行って逆に2点目を入れられる(orイエローカードをもらう)可能性とコロンビアが逃げ切る可能性を天秤にかけて攻めない選択をした。

 勝算があると踏んでこそだろうけど、この決断はものすごく勇気が要る。
 その決断をした西野監督とミッションを果たした選手たちには「あっぱれ!」だね。


 これに関してはだいぶ議論も落ち着いてターンオーバーはアリだけど6人も入れ替えるのはやりすぎって感じなのかな?いつだったか、ベスト16で満足したくないという監督のコメントがあったように思う。となるとターンオーバーは必要だったし、ポーランド戦が引き分けなら無条件で突破できるわけだし、どこかで“沈む”ことは考えていたんじゃないかな。

 開幕前の国内の異常なテンションの低さを考えたら決勝トーナメント進出を果たした代表は立派だと思うし、ベルギー戦がどんな結果になろうとも堂々と帰国して欲しいな。ターンオーバーしてグループリーグを突破できるほど日本は強くないのが改めてわかったんだし聞くところによると第4ポットで決勝トーナメント進出したのは日本だけとか。
 カッコ悪くても結果を出してこそプロというのをやりきった。半端ないよりも長谷部の「真実は結果論の中にしかない」を流行語大賞にしてほしいわ。岡田さんが言うように結果出した西野監督の勝ち。結果にこだわるという新たなステップに踏み出したと言えるんじゃないかな。

 7月に入り、ボクも職場で新たなステップに入る。不安の方が今も大きいのは変わりない。それでも前向いて必死に踏ん張って1日1日頑張るしかないわけで。いろんな意味で「働け。」とプレッシャーがかかっているのをヒシヒシと感じている。それにしても、フランスとアルゼンチンのものすごい殴り合いと同じような戦いに日本代表が挑んでいくってのがいろんな意味でチビりそう…。
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://0603202121507.blog99.fc2.com/tb.php/959-bb6c13c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。