FC2ブログ
>あの“神の左”の山中がTKO負けって信じられん…

 さて。

 アウェイ大宮線はえらいポジティブになれた。逆にホーム甲府戦はネガティブな気持ちが強い。
 同じ残留争いの直接対決、同じ勝ち点1なのに。
 端的に言えば追いついてのドローと追いつかれてのドローってことなんだろう。

 大宮戦はほぼ負け試合だった。甲府はとにかく点が取れない。甲府が複数点を取って勝てたのはコンサの試合だけ。ホームゲームなんだし先に点を取れば行ける、少なくとも負けはない。甲府戦は多くの人が勝てた試合だったよなと思った。だから采配とか選手起用とかに文句も出たんだと思う。

 どっこい甲府は流石に残留し続けてきただけのことはある。後半はむしろ甲府が押していた。残留争いの先輩に「まだまだ甘いな…」とガツンとやられた感じ。 浦和に勝った“貯金”もこれで完全に吐き出した格好。

 それでも、コンサはまだ残留圏内にいる。甲府戦直後はネガな気持ちが大きかったがだいぶ落ち着いた。ネガな気持ちがないわけではない。危機感と言い換えてもいい。じわりと迫ってきた大宮は確かに怖い。次節コンサは鹿島を下してノリにノっている川崎相手のアウェイゲーム。降格圏に落ちる可能性も高い。

 残留争いはまだ始まったばかり。「大宮戦のドローが…」となるか「甲府戦のドローが…」となるかは現時点ではわからない。泰然自若とはなかなかならないけど、ある意味どっしり構えていたほうがいいのかも。

 なるようになるってのはちと無責任っていうか、現実逃避のニュアンスになっちゃうから
 どういう状況になろうとも「目の前の試合を勝つ!」ってことになるんだろうね。
 最低でもあと3つ、できればあと5つ。…どこで勝つ?
にほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://0603202121507.blog99.fc2.com/tb.php/889-a1e32ff3