FC2ブログ
 >松本山雅って何でネット界隈じゃ嫌われるんだろう?

 来季J1自動昇格を決めたのは松本山雅と大分トリニータ。
 高い山だろうが低い山だろうがてっぺん獲ったヤツが一番偉い。松本おめでとう。

 ウチらはさておき、J1勢にしてみればJ2で勝ち点80取れないクラブはカモだとボクは思っている。その意味ではどこが上がってこようが大差ないんだけど、データを拾っているうちに興味深い点を見つけたのがタイトルにあるような説。

 ざっくり言うと、昇格を決めたクラブの総得点(≒攻撃力)はJ1ではその半分程度しか点が取れないということ。12年からのJ2でこれを覆したのは16年のC大阪(16年J2で62点、翌年のJ1で65点で3位)のみ。そもそも間違って降格したくらいに個人能力が高かったし監督も代わったしなあ。
 逆に総失点(≒守備力)は少なくともそのまま反映し、ヘタするとJ1ではその1.5倍くらい失点する。堅守だけではJ1残留はできないというのは三浦コンサと石崎コンサでいいだけ思い知ったが、改めてデータ拾いをするとJ1とJ2には何だかんだレベルの差があるのだなと思わされた。

 優勝した松本は得点54失点34で2位の大分は得点76失点51。松本の失点の少なさはJ2で最少だが得点は10番目。残留できそうなケースで考えられるのは13年甲府か。8勝13分け13敗の勝ち点37、得点30失点41の15位で残留だったわけだが8勝でJ1残留というのはホントにギリギリの最低ライン。松本の今季21勝のうちウノゼロ勝ちが11あるのを是とするか非とするかは…自由だーっ!

 当然補強はするだろうけど補強をしても苦しいように思う。四方田コンサだって夏の補強でジェイやチャナティップを当てたから残留できたわけだし、それまではホントに苦しかった。電柱系FWはただでさえ依存度が高くなりやすい。さらにJ1ではその対策や無効化が格段に速い。数字だけ見るなら大分のほうが残留の目があるように思う。

 え?J2優勝したクラブは1年で降格したことがない?
 J2優勝しながら翌年のJ1で勝ち点18で返り討ちに遭ったクラブがあってだな…。
スポンサーサイト
>たまにはサポブロと連動させてみる

 荒野とかけて吉田たかよしととく。そのココロは…
 肝心なところでポンコツ。
 叩かれているうちが華とはいえ、あのシュートをフカすとか勘弁してくれよ…。

 で、何で吉田たかよしが出てくるかというとネプリーグでのファイブボンバーで必ずと言っていいほどやらかすから。とにかくプレッシャーに弱い。パニクるのがお約束といってもいい。この前のファイブボンバーでも案の定やらかした。

 アフリカの国名を答えるというお題は南スーダンという隣のアシストでスーダンと答えて何とかクリアしたものの不安定な回答ぶり。コートジボアールが出せるならそこから近いガーナとかナイジェリアとか出せそうなもんだが…。〇食という言葉では結局パニクって負け。負けた後に「…あ、朝食とか昼食とか夕食とか。あああ!」と我に返って総ツッコミを食らうありさま。

 東大出身者なんだから知識はある(はず)だが、その引き出し方が絶望的にヘタクソってのも荒野に通じるところがあるように思う。視野が狭くなるというか落ち着きがなくなるというか力が入りすぎるというか…。

 ファイブボンバーの問題では特にそうだが、いかに力を抜くかで勝敗は決まる。〇食という言葉というお題は何も漢字2文字で限定されているワケではない。特に漢字問題ではそうした“視野狭窄”に陥りやすい。ようつべで○○レスという言葉を答えよというお題に「○○のないというレスばかり思い浮かんだ」と麻木久仁子が言っていたのが典型例。ちょっと力を抜けばアドレスとかプロレスとか何だったらアリストテレスだっていいw。

 逆に漢字3文字で○○学という言葉と限定される場合もあるが、その時に役に立つのがちょいズラし。例えば経済学から経営学、物理学から心理学といった具合にと元々の言葉からちょっとだけズラすというテクニック。知識量と冷静さがあればテクニックというほどのことでもないんだけど、全く違った答えを脳内で探そうとするより簡単だし速くたどり着ける。

 あとはセットで覚えておくといいもの、例えばバルト3国の国名とか、ベタ問題では定番中の定番であるブダペストとブカレストとかを頭に入れておくと格段に楽になる。パズドラでコンボを狙う起爆剤のようなもん。他にも芋づる式に答えを見いだせる金鉱を見つけるとかあるけどこれ以上はマニアネタになるのでやめとくw。

 わざわざ難しいプレーを狙わなくても荒野なら普段できるプレーをいつでも引き出せるようにするだけで簡単にブレイクできると思うんだけどなあ。マニアックな答えを狙うのは林修に任せておけばいいんだよ。
2018.10.27 岐路
>期せずして3連休…

 ようやく職場の環境にも慣れてきた感じ。それ故にいつまでも新人の立場ではいられない。新たに1人加入したことでこんな身でも後輩を持つことになる。そして、新たに入ってきた人は経験のある方なのであっという間に追い越され、「お前、使えない」と弾き出される危機感、恐怖がものすごくある。

 やたらと休みの多かった10月に比べて、来月は6連勤1回、5連勤2回とかなりハード。心身ともにすり減らすことになりそう。別の意味で覚悟や成果が問われる1か月になる。もっとも、12月の休みの申請が認められれば最終戦の広島戦は4連休で迎えることになるので楽しみはある。前日入りでツアーも余裕のある日程が組めるしシーズンシートの恩恵も受けられる。宿替えしなきゃならないのが不安だけど…。

 で、ついにWIMAX2を導入した。

 今まではポケットWi-Fiに格安SIMを差して固定回線代わりにしていたんだけど、最近はすぐに容量制限に引っかかるしページを開くのが遅いなど使い物にならなくなってきたので思い切って切り替えた。当然格安SIMよりはお金がかかるけど容量制限をさほど気にしなくて済むし、お金をかけるべきところにはきちんとかけないとダメだな、と。スマホはそのまま格安SIMで容量を下げる、動画は画質と音の良いタブレットをWi-Fiでつなぐことで2枚を解約すればお金の面でもそんなに変わらずにより快適な環境になる。

 お金をかけるところといえば最近は栄養ドリンクもリ〇ビタンDとかじゃなくドラッグストアのPB商品に切り替えた。楽天バリアブルカードで節約するためツルハを使うことが多いんだけど、最近サツドラのほうが安いことに気づいたorz。職場に持っていく飲み物なども価格の逆転現象が起こっていて楽天ポイントを使いにくくくなっている。手っ取り早いのはツアーの宿代だけど今回は空きがなかった。

 休みを利用して昨日はディーラーさんに車を持って行ってタイヤ交換とオイル交換。こういうことは早めに済ませるに越したことはない。当然ディーラーさんだから新車が置いてあるんだけど欲しくなるねぇw。「特にキズもないし走行距離もそれほどじゃないし今なら下取りは100(万円)以上は確実ですよ」なんて言われるとさぁ…。

 ただ、クルマってお金かかるんだよなあ。

 通勤に使うから諸々のお金は自分で出すわけだけどガソリン代は言うに及ばず、自動車税、車検、保険、冬タイヤと黙って月3万円は消えるね。まあ、ボクの場合は自分で車を買ったワケじゃないし、クルマのサイズの割には燃費もそこそこ良いのでだいぶマシだけど。

 いろいろと整理しなくてはならないことが増えてきた。明日の休みまでにできるだけ片付けなくては!
 いやもう、ホントに心が折れそうになっててというか、一度は折れた。

 いくら上司が辞めてもらおうとは思っていないと言っても現場レベル、同僚がそう思ってくれるとは限らない。お前の仕事なんぞ信用できん、こっちはこっちでやるから勝手にしろというレベルにまでなってしまって。

 情けなかった。

 もうダメだ、何もできないじゃないかと車の中で泣いた。いつもは勤務表が出るまでにそんなに待たないのにいつまで経っても来ない。ああ、もうクビだなと本気で思った。実際にはそんなに簡単にクビ切れるわきゃないんだろうけど、鉛のようにってのがピッタリくるくらいに心に重たいモノがずっと溜まったままだった。

 今月の勤務表がロッカーに貼ってあったのを見た時には
 「ああ、こんなオレでもまだ使ってもらえるんだ…」と。

 あくまで自分の心の中でのリスタートだったんだけど、そんな中で迎えたホーム鳥栖戦。タブレットには札幌2-1サガンの表示が。うれしいというよりもホッとした。地震の後、どこか背負いこみすぎてやしないか?と思っていたコンサがとにもかくにも勝つことができた。

 力をもらったというと安っぽくなっちゃうんだけど、
 「頑張ってるんだよな…」というのをすごく感じて。

 試合展開がいろんな意味で劇的すぎたってのもあるよねw。

 共にあるってほど偉くもないけどコンサを応援していて良かった、コンササポで良かったな、と。…ダメだなあ、とめどなく涙が出てくるわ。歳食ったのかな(苦笑)。ブログ書いてる今日はお休み。今月は頼んでもいないのになぜか不自然に3連休があったりで9月よりは楽なシフト。でも10月はホームゲームが1つもない…(泣)。

 …これってネタ書けってことなのか?(汗)
>来週は地獄の6連勤…

 正直、かなり追い詰められていた。

 何べん言っても直らない、言われたことやらない。
 こんなポンコツは使う側からしたらさっさと見切りつけてもいいわけで。

 ボクの立場が正にそれ。昨日は仕事中に上司から呼び出し。それだけじゃなく仕事上がりも「ちょっとどういうことなんだ?」とリーマンだったらさしずめ部長・課長・係長が全員集合状態で膝詰めで面談。いたってノーテンキなボクもさすがにクビ宣告を覚悟した。

 キャリアが違うんだから焦らなくていい、10年選手と同じことは求めない、わからなかったら訊けばいいんだから雑な仕事を早くやっても意味がない、自分はこう思うというのをもっと伝えなさいと半ばなだめすかすように言われてその場はお開きとなったけど、空気からして執行猶予中、最後通牒的な空気がアリアリ。ぶっちゃけ「オレ、もうダメかな…」と本気で思った。

 歳を食うと「逆の立場だったら…」と見えてくるものもある。ホントに辛抱してくれているというのがわかるから「ここで踏ん張らないでどうするよ?」となけなしの勇気と根性を振り絞って今日も出勤。相変わらず肉体的にはキツいけど、精神的には重たいモノが多少はなくなって楽にはなれたかな。

 一気に冷え込んだ日にどうも体調を崩して体がボロボロだったところへの追い打ち。いや、これだって自分が悪いんだけどさ(汗)。例によって強引に治して今日を凌いでやっとひと心地ってな具合で。今回の震災で被災した方々のことを思えばちょっと品薄状態が続くくらいで普通の生活ができているんだから何てことない。

 比べちゃいけないんだろうけど、「自分が頑張ればどうにでもなるじゃん!」と。
 その頑張り方ってのが厄介で自分を出すんじゃなくて1つ1つこなすことで信用を取り戻す。
 B型には案外ストレスが溜まるんだよな、これがw。…さて、風呂入って寝るか。